旧常磐炭砿KK砿員の縦断調査研究 1958〜
ホーム | ニュース | リンク集 | サイト内検索
炭砿労働者の閉山離職とキャリアの再結成研究成果報告-PART III-II部 目次

研究成果報告-PART III - II 部 目次

II部「常磐炭砿で働いた人びと」調査

はじめに

1章 元常磐炭砿労働者の現在

1-1 対象者の基本属性
1-2 健康状態、いわき地域への愛着、人生観
1-3 就業、家族・世帯の概況
1-4 社会活動と趣味活動
1-5 生活満足度
1-6 心理的福利

2章 職業キャリア

2-1 閉山後の職業キャリアの概要
2-2 閉山後の第1職
2-3 西部砿就職者の再就職
2-4 閉山後の最長職
2-5 職業キャリアからの離脱過程
2-6 閉山後の職業キャリア・パターン
2-7 閉山後の資格取得

3章 家族キャリア

3-1 対象者の親ときょうだい
3-2 結婚・親なりの経験
3-3 元炭砿労働者の子どもたち
3-4 父親キャリアの進行−子どもたちの巣立ち経験−

4章 身体・健康キャリア

4-1 病気・けがの経験
4-2 健康状態の評価
4-3 閉山後の健康状態キャリア

5章 居住キャリア

5-1 閉山後の転居経験
5-2 持ち家の取得
5-3 閉山後の居住キャリア・パターン

6章 家族と職業キャリア

6-1 閉山時の子ども役割・父親役割と再就職
6-2 親役割の進行と職業キャリア離脱過程
6-3 考察の問題点と今後の課題

7章 元炭砿労働者の人生評価

7-1 クロノグラフ・データの作成と概観
7-2 直線型・上昇型・下降型を描く人生評価
7-3 ピーク・ボトムをもつ人生曲線−「山型」と「谷型」−
7-4 複数のピークとボトムをもつ人生曲線−「波型」−
7-5 クロノグラフにおける大閉山

7-6 「炭砿時代」と「その後」に対する評価


前のページ
研究成果報告-PART III-I部 目次
コンテンツのトップ 次のページ
1-1.1 昭和30年代わが国石炭鉱業の状況