旧常磐炭砿KK砿員の縦断調査研究 1958〜
ホーム | ニュース | リンク集 | サイト内検索
炭砿労働者の閉山離職とキャリアの再結成研究成果報告-PART  目次

研究成果報告-PART縮楴

研究成果報告-PART縮楴

1章 「常磐炭砿で働いた人びと」第10次調査を終了して

    1. 常磐炭砿の「大閉山」とわが国採炭業の終焉
    2. 「常磐炭砿で働いた人びと」第10次調査の経過と概況
    3. 本報告書の構成

付記:「いわき(常磐)リージョン・コミュニティ」の発展を期待する

2章 閉山直後の対応 −居住地の決定
2-1 閉山時の年齢および健康状態と転出率
2-2 閉山時の職業内容と転出率
2-3 定位家族状況と転出率
2-4 生殖家族状況と転出率
2-5 要約

3章 常磐炭砿閉山による炭砿労働者の再就職過程と地域移動
3-1 閉山後の転居経験と再就職・転職
3-2 地域に着目した炭砿労働者の再就職先企業

4章 閉山後の職業キャリア・パターン
4-1 閉山後の職業キャリアの概要
4-2 キャリア形成における西部炭砿株式会社での就業経験

5章 資格取得とキャリア・パターン
5-1 資格取得の概観
5-2 砿員の資格取得と職歴パターン

6章 再就職での安定
6-1 閉山後の初職継続期間
6-2 就労時間変化と初職継続期間
6-3 収入変化と初職継続期間

7章 職業キャリアの終焉 −人生の分かれ道60歳
7-1 引退過程の概要
7-2 定年退職年齢と職業からの引退:60歳をどう生きるか
7-3 60歳までの職業キャリアと職業からの引退

8章 離職者たちの持ち家取得過程 −閉山から現在まで
8-1 閉山後の持ち家取得率
8-2 ライフステージと持ち家取得タイミング
8-3 閉山経験と持ち家取得タイミング
8-4 地域移動と持ち家取得タイミング
8-5 閉山後の再就職先と持ち家取得タイミング

9章 世代間の学歴移動
9-1 観察の方法と課題
9-2 子ども世代の学歴
9-3 2世代間の学歴移動
9-4 3世代間の学歴移動
9-5 「常磐炭砿で働いた人びと」にみる学歴の世代間移動

10章 閉山後の資産形成過程
10-1 調査時点での資産
10-2 資産評価の形成
10-3 資産評価の規定要因

11章 幸福を探る3つの時間
11-1 心理的福利尺度
11-2 調査時年齢、職位からみた心理的福利尺度
11-3 生活状況、満足度からみた心理的福利
11-4 炭砿経験に関する意識からみた心理的福利
11-5 ライフコース福利因子の規定要因

12章 常磐炭砿離職者の人生評価
12-1 クロノグラフの概観
12-2 クロノグラフにおける「大閉山」の評価
12-3 クロノグラフにおける「大閉山」の評価と現在の評価

13章 炭砿労働経験の人生への影響をはかる
13-1 炭砿労働経験
13-2 炭砿就労期間比率と現在の幸福度

14章 閉山前の病気とけが

15章 女性離職者のスケッチ
15-1 基本属性と健康状態
15-2 現在の生活概要
15-3 職業キャリア
15-4 家族キャリア
15-5 身体・健康上の変化
15-6 居住キャリア
15-7 「炭砿時代」の評価および「いわき」への思いと人生観

 


前のページ
研究成果報告-PART 目次
コンテンツのトップ