旧常磐炭砿KK砿員の縦断調査研究 1958〜
ホーム | ニュース | リンク集 | サイト内検索
炭砿労働者の閉山離職とキャリアの再結成ニュース

投稿者: waseda 投稿日時: 2010-6-24 10:32:25 (4567 ヒット)

今夏、早稲田ワークショップ2010「日本とウェールズにおける炭鉱の記憶」を開催します。

■シンポジウム
「旧産炭地の現在:常磐・空知・ウェールズの比較から」
日時:2010年7月10日(土曜) 13:30-16:30
場所:早稲田大学戸山キャンパス 34号館451教室
※第62回早稲田社会学会大会シンポジウムとなります。

■ワークショップ
「日本とウェールズにおける社会教育と地域再生
:旧産炭地の労働組合と女性たち」
日時:2010年7月11日(日曜) 10:00-12:00
場所:早稲田大学戸山キャンパス 39号館第5会議室

※両日ともに通訳付き
※連絡先・プログラム詳細は以下をご参照ください。


http://www.waseda.jp/prj-lifecourse/symposium2010Waseda.pdf


投稿者: waseda 投稿日時: 2010-4-15 22:03:57 (4387 ヒット)

日英共同シンポジウム「日本とウェールズにおける炭鉱の記憶:地域再生へのアーカイブズと社会教育の役割」が開催されました。

※開催内容の詳細は以下をご参照ください。

http://www.soratan.com/1_new/1-Z_photo/20090807Wales_pham.pdf#search


投稿者: webmaster 投稿日時: 2009-6-13 1:08:00 (4786 ヒット)

今夏、北海道空知とWalesで日英共同シンポジウム「日本とウェールズにおける炭鉱の記憶:地域再生へのアーカイブズと社会教育の役割」を開催します。

※詳細は、決定次第、本web上でお知らせします。

「日本とウェールズにおける炭鉱の記憶:地域再生へのアーカイブズと社会教育の役割」
“Collective Memories of Coal Mining in Japan and Wales: The Roles of Archives and Social Education towards Community Regeneration”

空知シンポジウム2009:2009年8月7日(金)・8日(土)美唄アルテピアッツァ(7日)/岩見沢コミュニティホール(8日)
Symposium in Wales2009:2009年9月10日(木)・11日(金)Swansea University, Wales

■主催 旧産炭地研究会(JaFCof) + NPO法人炭鉱の記憶推進事業団 + 早稲田大学ライフコースアーカイブ研究所

■後援 札幌学院大学、スウォンジー大学、日本学術振興会、英国学士院、大和証券日英基金


投稿者: webmaster 投稿日時: 2009-6-13 0:48:00 (4247 ヒット)


「いわき(常磐)リージョン・コミュニティ」の発展を期待する:アップしました
(報告書Part修茲蠹昇棔法

http://www.tankou.org/modules/tankou1/index.php?id=13


投稿者: webmaster 投稿日時: 2009-6-13 0:39:00 (4364 ヒット)

「常磐炭砿で働いた人びと」第10次調査を終了して:アップしました
(報告書Part修茲蠹昇棔法
http://www.tankou.org/modules/tankou1/index.php?id=12

目次:
1-1 常磐炭砿の「大閉山」とわが国採炭業の終焉
1-2 「常磐炭砿で働いた人びと」第10次調査の経過と概況


(1) 2 »